フリーターからの就職

20代の仕事探し。フリーターからの正社員就職について役立つ情報を掲載。フリーター向け就職サイトについても。

20代の間にフリーター脱出するには

f:id:kcken:20151219131052j:plain

将来が不安・・・20代の間にフリーター脱出

フリーターを続けていて、ふとした瞬間に将来が不安になる、ということありませんか?

「今はまだ良いけれど、この先もずっとフリーターを続けていて30歳を迎えたら・・・」

「気がつけば29歳。さすがに就職しないとまずいかも」

フリーター歴が長くなると、いざ正社員になるために就職活動をするにしても、色々な事が不安になってしまう方も多いと思います。

ちなみに、総務省統計局が公開した、2017年分の労働力調査(詳細集計)2017年では若年層(15歳~34歳)フリーターは152万人いるとされています。

参考:労働力調査(詳細集計)平均(速報)結果

平成29年(2017年)平均(速報)によると、男性フリーターは82万人、女性フリーターは70万人です。

35歳からは高齢フリーターの枠に入ってしまいます。
自分は大丈夫、と思っていませんか?

今、高齢フリーターと言われる方達も昔はそう思っていた方も多いはずです。

でも、どこかでボタンを掛け違えてしまい、そのままフリーター生活が続いてしまって・・・といった方も大多数含まれているのではないでしょうか。

フリーターから脱出するには、20代を最大限に活かして就職活動をする事がオススメです。

正社員就職するチャンスは20代後半であっても、まだ多くあります。

正社員として就職はしたいけれど、就職活動どうしたら良いんだろう・・・

自分を採用してくれる会社、あるのかな・・・?

フリーターから正社員を目指しての就職活動で大切なのは、未経験からでも就きやすい仕事を狙う事。

未経験から入りやすい業界を狙う事が重要ですね。

そして大企業よりも中小企業。
新卒採用が難しく、中途採用に力をいれている中小企業を中心に求人を探していくと、未経験者歓迎の正社員求人を見つけやすいと言えます。

フリーター脱出のために、利用出来る就職活動の方法には次のようなものがありますね。

フリーターから脱出、就職活動の方法について

フリーター生活を脱出、正社員就職を目指す際の方法として、次のような方法が挙げられます。

・ハローワーク
・求人サイト
・サポステ、ジョブカフェなどの利用
・アルバイト先での正社員登用を狙う
・紹介予定派遣から正社員になる
・フリーター就職支援サイト(就職エージェント)の活用

この中でも、現実的に最も就職成功率が高い方法といえるのが、

フリーター就職支援サイト(就職エージェント)の活用

です。

フリーターが正社員就職を目指す際、中途採用枠となります。

ハローワークや一般的な求人サイトを利用して就職活動を行う場合、そこには多くの求職者が応募する可能性もあります。

皆がみんなフリーターでは無いですよね。

第二新卒の人、キャリアを積んで転職を希望している人もいるかもしれません。
もしかすると同じフリーターの応募でも、自分よりもさらに若い人かもしれません。

応募者の中で比較をした時、自分が不利な条件になっている求人状況も考えられるんですよね。

それに対して、フリーター就職支援サイトを利用しての就活では「フリーター、既卒、ニート」といった方を専門としてサポートしていますから、紹介される求人に関してもフリーターOK、社会人経験無しでもOK、を前提としている企業がほとんどです。

そのため、キャリアを持つ求職者と競うこともありませんし、未経験者を前提にしているため採用される可能性も高いといえます。

人材募集を行う企業へも、就職エージェントのスタッフが直接足を運んで状況を確認していますから、ブラック企業である可能性も低いです。

離職率が高い企業などは求人紹介しない、といった方針を採っている就職エージェントが多いですからね。

フリーター脱出、正社員就職を考えた場合の就活の仕方として、

フリーター就職支援サイト(就職エージェント)の活用

がオススメな理由ともなります。

20代フリーター脱出にオススメ就職サイト

フリーターと正社員とでは、生涯に稼ぐ賃金として1億円~2億円といった大きな額で差が出るそうです。

また、老後の事を考えても差が大きいです。

会社員として働くと、厚生年金に加入しますがフリーターの場合には国民年金もしくは加入していないケースもあると思います。

フリーターから正社員になる、と決めたのであれば早い時期に自分に合った会社が見つかるように、次のような情報量の豊富な就職支援サイトをぜひ活用してみてください。

1.DYM就職

就職率96%!
フリーター・第二新卒・既卒の就職支援に強いDYM就職です。

DYM就職では、書類選考なしで面接を受ける就活をする事が出来ます。
企業の役員や採用担当者との太い繋がりを持っている事も、利用のメリットですね。

利用者も増え、実績も伸びている注目の就職エージェントです。

【対応エリア】東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台

2.就職Shop

就職shopは人材紹介の大手企業、リクルートが運営する就職エージェントです。

利用して中途採用を行う企業数が多く、様々な業界・職種の未経験OK求人を所有しています。
就職shopも書類選考なしで面接を受ける事が出来ますね。

業界最大手らしく、実績もトップクラスです。

【対応エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都

3.ハタラクティブ

ハタラクティブは関東エリア限定、レバレジーズが運営するフリーターや第二新卒、既卒など若年層をターゲットにした特化型就職エージェントです。

職歴無し、社会人経験なしフリーターの方にとっては応募可能な求人が多く、就職活動にオススメです。

【対応エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉

4.ジェイック(JAIC)

就職成功率80.3%を誇るジェイックです。

優良企業約20社と書類選考なしで面接が受けられます。

就職後のフォローにも力を入れており、高い定着率となっています。

実際、多くのフリーター、ニートの方がジェイックを通して就職先を決めています。
本気で正社員就職を目指す方にはピッタリの就職支援サイトです。

対応エリアが広いので、利用出来るフリーターの方も多いのではないでしょうか。
奈良、広島会場がある場合もあります。
最新情報を公式ページにてご確認ください。

【対応エリア】東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・神戸・福岡/北九州・宮城

フリーターから起業ってどうなの?

時々、フリーター脱出の方法として「起業する」と言った事も書かれていますが、現実的に考えて難しいですよね。

実際に成功する人もいると思いますから、否定は出来ないのですが・・・。

方向性として、初期費用も大して必要ないことからYouTuberやブロガーを目指している人もいるかもしれません。

YouTuberやブロガーとして生計を立てている知り合いもいますが、皆さんものすごい努力していますし、収入にならない下積み期間が長い人が多いです。

そこを乗り越えられるかどうかは、分かれ道とはいえそうですね。

ちなみに、安定感は無いそうです。

「いつも追われている感じがするし、急に収入がゼロになる可能性もある。正社員で働いて、ブログとかは副業が良いと思うよ」

という人は実は多いんですね。

職歴無しでも20代後半ならまだ正社員就職のチャンスあり!

民間企業がサービス提供を行っている就職支援サイトはたくさんあります。

そして、そのほとんどは20代に利用を限定しています。

その意味は、「20代であれば十分、就職先を決める事が出来る」からです。

逆に言うと、30代になると就職先が見つからない可能性が高いといえます。
ニーズがあって、就職先が十分決まるのであれば、30代向けの就職支援サイトも同じくらい増えても良いはずです。

でも、30歳以降の就職支援は行政や国の支援サービスが中心となります。

20代であれば26歳、27歳、28歳、29歳と後半であっても、諦めずに就職活動を続ける事で就職先を見つける事は十分可能です。

もちろん、就職活動の方法としては、先ほどご紹介したような就職支援サイトを利用して、サポートを受けられた方が内定獲得の確率が上がりますのでオススメです。

30歳が近い方も、短期間で就職先が見つかる可能性があるこうした就職支援サイト、ぜひ活用して就活を進めてみてくださいね。

⇒ 20代フリーター脱出にオススメ就職サイトへ戻る